診療日記

冷たいもので歯がしみる!?

こんにちは!

 

福岡県那珂川市中原にある古賀歯科医院DHの吉富です

 

 

 

最近は気温も下がり一気に寒くなりましたね (~_~;)

 

水道の水や冷たい風に当たると歯がしみたり、

 

歯磨きをした時にピリッと歯が痛んだ事はないですか?

 

むし歯かな?と思って歯を見てもよくわからない …

 

こんな時は、象牙質知覚過敏症(ぞうげしつちかくかびんしょう)が疑われます。

 

今回は知覚過敏についてお話しますね!!

 

まず知覚過敏の原因は何でしょうか?

 

 

 

 

* 原因 *

 

 

歯の外側は『エナメル質』と言う層で覆われています。

 

その内側には『象牙質』と呼ばれる層があり、器具で擦ったり冷たいものや

 

熱いものなどに触れると、その刺激が内部の神経に伝達されて痛みを感じます。

 

通常、象牙質はエナメル質に覆われていて刺激を遮断しているため

 

痛みを感じることはほとんどありません。

 

 

①歯ぐきが下がる(歯肉退縮)

 

    

 

 歯ぐきは不適切なブラッシングや歯周病、

 

 無理な力が継続してかかったりすると下がってきます。

 

 元々歯ぐきに覆われていた部分が露出し、歯根がむき出しの状態になります。

 

 このような場合、ハブラシや温度変化などの刺激で痛みを感じることがあります。

 

 歯根に触れている時に痛みを感じ、

 

 時間が経てば痛みは消失することがほとんどです。

 

 

 

 

②歯が折れる(歯の破折)

 

   

 

 歯が折れて、内側にある象牙質が露出すると知覚過敏の症状が出ます。

 

 歯が折れたときの衝撃により、中に亀裂が入り

 

 そこから細菌が進入して炎症を起こすこともあります。

 

 

 

③歯が擦り減ることによる象牙質露出

 

 

 歯は使っていれば、わずかではありますが擦り減っていきます。

 

 その結果、エナメル質がなくなり象牙質が露出してきます。

 

 擦り減りの原因を早めてしまうのが、歯ぎしりです!

 

 上下の歯は食事の時以外は2~3mmほど空いている状態になります。

 

 気付かないうちに上下の歯を噛みあわせていることがあるので

 

 意識してみると良いかもしれませんね!!

 

 

 

酸によって歯が解ける象牙質露出

 

   

 

 エナメル質は、pH5.5程度で溶け始めます。

 

 私たちの日常で口にする食べ物や飲み物の多くは酸性です。

 

 炭酸飲料や酸が強い食べ物や飲み物を頻繁に摂取する方は、

 

 だらだら食べ・飲みは控えましょう。

 

 

 

* 治療法 *

 

【 自宅で出来ること 】

 

①再石灰化を促す

 

 

 軽度の知覚過敏では期間が経過すると自然に消失することもあります。       

 

 これは唾液やフッ素入りの歯磨き粉による再石灰化成分によって、       

 

 象牙質にある空隙(象牙細管)が遮断されるためと考えられます。

 

 

 

 

②ハミガキ  

 

 歯についている汚れ(プラーク)には多くのむし歯菌がいて、

 

 酸を作り歯の表面を溶かしていきます。

 

 再石灰化とは逆の『脱灰(だっかい)』という現象です。        

 

 知覚過敏の改善にも歯磨きはとても重要です!

 

 歯ぐきが下がり歯根が見えている状態で、汚れを落とそうと力強くゴシゴシ磨く

 

 と削れてしまうので注意が必要です!!

 

 

 

 

 

【 医院で出来ること 】

 

①ナイトガードで歯を守る

 

 

 プラスチックで出来たマウスピースを着けて歯ぎしりから歯を守ります。

 

 歯が擦り減るかわりにナイトガード擦り減っていきます。

 

 残念ながら今のところ歯ぎしりを止めるための方法がありません……

 

 

 

②薬を塗る

 

        

 露出した象牙質の内部の小さな空隙を、薬の作用により封鎖していきます。

 

 歯磨き粉でも効果はありますが歯科医院で使うものは

 

 効果が高く即効性もあります。

 

 

 

③樹脂で覆う

 

 

 象牙質が露出した所を樹脂で覆うことで、外部からの刺激を遮断できます。

 

 

 

 

 

このように知覚過敏には様々ありその対処法も様々です。

 

これまであげてきた中で、原因となるものがないか一度普段の生活に

 

目を向けてみるのも良いですね!

 

生活習慣も原因の一つになっているかもしれません。

 

むし歯によってしみる症状が出ている可能性もあるので、

 

一度歯科医院を受診されてくださいね


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

KDC☆News 12月号 「口臭について」

こんにちは。

福岡県那珂川市中原にある古賀歯科医院のDH森山です☆

 

 

     

 

 

KDC News 12月号は・・・

 

『口臭』についてお話します!

 

口臭は4種類に分類されます。

 

・生理的口臭

・病的口臭

・外因性口臭

・内因的口臭

 

今回は、生理的口臭病的口臭についてお話していきます。

 

 

 

 

 

生理的口臭

個人差はありますが、誰にでも発現しうる疾患を伴わない口臭です。

主に、お口が渇いた時に感じられます。

 

空腹時 起床時 運動時 緊張時 加齢 など

 

 

病的口臭

口腔疾患と全身疾患による口臭で、約90%が口腔内に原因があるとされています。

 

〈口腔内〉

歯周病 重度のむし歯 舌苔 唾液分泌の低下 歯や入れ歯の清掃不良 など

 

 

 

 

 

口腔内の口臭の原因の約60%が歯周病です。

 

 

 ・歯周病が進行すると、歯周ポケットができます。

  そこに歯垢や歯石が溜まり、細菌が増殖することで症状が悪化し、

  出血や膿が出てひどい口臭となります。

 

 

 むし歯や歯周病の原因となる歯垢を歯磨きで取り除くことが、

  最も有効な対策になります。

 

  それに加えて、殺菌効果のある『コンクール』のマウスウォッシュ

  歯磨きの後に使うと、口臭の予防にも繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

イベント報告♥

こんにちは(^o^)/★

福岡県那珂川市中原にある古賀歯科医院の受付の林田です

 

寒さが本格的になってきましたね*。

 

先日行いましたイベントについて報告させていただきます。

10/29~31「ハロウィンイベント」11/7「いいないい歯イベント」

を開催しました♪

 

 

ハロウィンイベントでは、皆さんにキシリトール100%のチョコレートを

プレゼントさせていただきました!

砂糖を使用していないのに甘いチョコレートに驚かれて、

購入される方もいらっしゃいました!

 

 

お子さまには、ハロウィンの衣装に着替えて写真撮影も行いました。

お連れのお子さまにも、ハロウィンおもちゃのプレゼントを渡して

とても喜んでいただけたので、少し紹介させて頂きます。

 

↓↓↓

 

 

とても可愛く撮影できました!!!

 

スタッフも顔にハロウィンシールを貼っていましたが、

気づきましたでしょうか?

 

 

私たちにとっても楽しいイベントとなりました

 

 

 

いいないい歯イベントでは、「いいないい歯検定」をさせていただきました。

歯についての問題が5問出題されてあり、患者さん自身に答えを調べて

問題に答えていただきました。

 

自身で調べることにより、皆さんの歯への興味関心が

高まったことに嬉しく思っています。

 

12月は、クリスマスイベントを計画しておりますので、

またお知らせさせていただきます★ミ

 

 

最近は体調を崩されている方が、増えてきたように感じます。

みなさんもお出かけの際はお気を付けください!

毎日の『歯磨き・うがい』は、お口からの細菌感染の予防にもなりますので、

頑張りましょう!


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

入れ歯のお手入れ出来ていますか?

こんにちは。

福岡県那珂川市中原にある古賀歯科医院のDH森山です(^^)/

 

 

    

 

 

今年も紅葉の季節がやって来ましたね。

今頃は紅葉が色づき始めて、緑やオレンジ、赤色のコントラストが綺麗な頃ですね

 

 

先日、古賀歯科医院のメンバーで山登りをしに

佐賀県の「基山」まで行って来ました!

皆で山頂まで登って、自然の気持ちの良い空気と景色が見れて

とてもリフレッシュ出来ました

草スキーもして、ワイワイ楽しく過ごせたので充実した休日になりました!

皆さんも今の時期にぜひ紅葉狩りに行ってみてください

 

 

 

 

今回は、入れ歯のメインテナンスについてお話します。

 

みなさん、入れ歯のお手入れは充分に出来ていますか?

 

清掃の目的として、一般的にむし歯予防・歯周病予防・口臭予防だけ

だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、歯周病原細菌と関連性が高い

とされる全身疾患(糖尿病・誤嚥性肺炎・早産・動脈硬化など)の改善や予防のためでもあります。

 

そのため、清潔な入れ歯を使っていけるように正しいお手入れの方法を

知っておきましょう!

 

入れ歯の清掃の基本は、義歯ブラシ歯ブラシです。

 

 

 

ポリデントなどの入れ歯洗浄剤をテレビのCMで目にすることがあると思いますが、

これはあくまでもブラシでの清掃を補うものであり、

「洗浄剤に漬けておけばバッチリ!」という解釈は誤りです!

 

ブラシでの清掃を行った上で洗浄剤に漬けるようにしましょう。

 

 

ブラシで磨く際は、泡タイプの洗浄剤を使うとより効果的です!

 

 

*注意*

・研磨剤によって入れ歯の表面を傷つけてしまう可能性のある歯磨き粉

 熱湯消毒は変形の原因になるので避けましょう。

 

 

 

入れ歯は菌の温床になります

 

 入れ歯には、目には見えない微細な凹凸があります。

 デンチャープラーク(入れ歯に付着した歯垢)は、そういった凹凸や

 バネ周辺の溝、歯と歯の間を起点として付着・増殖する傾向があるので、

 様々な角度からブラシを当てる必要があります。

 

 

 

 ↑デンチャープラークが付きやすい所

 

 

 また、バネがかかる歯の清掃を怠ると、歯に付着していたプラーク(歯垢)は

 デンチャープラークとして入れ歯側で増殖をします。

 そういったデンチャープラークによる入れ歯の劣化を防ぐためにも

 口腔ケアは欠かせません!

 

 

 

 

 

 

デンチャープラークと全身疾患はどんな関係があるのか?

 

 口腔内には、カンジダ菌(カビの一種)が常にいます。

 この菌を含むデンチャープラークの付着・増殖した入れ歯を使用する問題点は、

 唾液と一緒にデンチャープラーク内の多種多様な微生物を、入れ歯から

 各臓器に拡散させていることです

 微生物は、歯周組織にとどまらず、呼吸器系や心臓血管系まで移行するのです。

 特に、プラークと関連性が強い病気として、

 「誤嚥性肺炎」があげられます。

 

 

 

 

 

入れ歯のケアは、口腔内の健康もですが、全身の健康にも関わってくるので

とても大切です!

皆さんも正しくお手入れができているか見直してみてください(^^)/☆


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

根面う蝕は高齢者に多い!?

こんにちは!那珂川市中原にある古賀歯科医院の歯科衛生士 佐々木です。

 

 

秋になり涼しく過ごしやすい季節になりました!

これから冬にかけて紅葉やクリスマスなど色々楽しみな行事が増えてきますね(*^0^*)

私は旅行や遠出をするのが好きなので楽しみです♪

 

 

 

今回は根面う蝕についてお話します。

根面う蝕とは文字の通り 歯の根っこのむし歯 です。

このむし歯は高齢者に多く認められます。

 

 

なぜ多いのかというと、以前に比べ歯を失う高齢者が減少している一方で、

75歳以上で4mm以上の歯周ポケットを有する患者さんが激増しているからです。

 

 

根面う蝕の発生は歯肉退縮による歯根の露出や唾液量の減少などが原因です。

通常、歯肉は歯周病の進行や歯周病の治療により歯肉が引き締まる事によって

退縮することから、根面う蝕は年齢とともに増加します。

 

 

根面がう蝕になりやすい原因としては、象牙質が影響しています。

私たちの歯の表面は、硬いエナメル質で覆われています。
そのエナメル質の中には、エナメル質よりも柔らかい「象牙質」という部分があります。
象牙質は、名前のとおり象牙に似たクリーム色を帯びた黄色をしていて、歯の大部分を占めています。

 

エナメル質の臨界pHは5.5~5.7と少し酸性側に傾いています。
一方、象牙質はpH 6.0~6.7となっており、乳歯エナメル質と同等かそれ以上であり

わずかに酸性に傾いたところで脱灰します。

エナメル質に比べ象牙質は脱灰が起こりやすいため、エナメル質よりもう蝕になるリスクが高いのです。

 

 

根面う蝕を防ぐには毎日の歯磨きや定期検診が重要になります。

 

☆お家で出来る予防☆

 

①歯磨き

歯と歯肉の境目は歯垢が溜まりやすい場所であり根面う蝕の原因になります。

歯に対して歯ブラシを45°に当てると歯と歯肉の境目の歯垢が落としやすいです!

 

 

②フッ素配合の歯磨剤や洗口剤などを使用する。

フッ素塗布の効果
1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
3. 酸の生成を抑える

 

このような働きが、虫歯のリスクを下げることに役立つとされています。

市販のフッ素であれば濃度900ppm以上がおすすめ♪

毎日使い続けることで効果が期待出来ます。

 

 

③間食に気を付ける。

仕事中や休みの日にだらだら食べたり飲んだりしていませんか?

砂糖が多く含まれている物はむし歯の原因になりやすいです。

間食する場合は時間を決めましょう!

よくガムや飴を食べる方にはキシリトールが使われているものがおすすめです!

 

 

☆歯医者で出来る予防☆

 

①定期検診に通う

歯ブラシでは落とすことが出来ない歯石は専用の器械で落としていきます。

歯石などがついたままだと、歯周病が進行していきます。

みなさんがむし歯や歯周病などで痛い思いなどしないよう

歯科衛生士による歯磨きのアドバイスをしています。

磨きにくいところや分からないことがあればいつでも質問してください♪

一緒に歯の予防をしていきましょう☆彡

 

②PMTCを行う

歯の表面には「バイオフィルム」と呼ばれる菌の塊がいます。

1グラムの歯垢の中には、なんと1,000億もの細菌が生息しているといわれています。

それらを歯科衛生士が専門の器械を使い、クリーニングを行います。

クリーニング後は歯がツルツルしてとても気持ちが良いですよ!

 

③フッ素塗布を行う。

市販のフッ素とは濃度が大きく違います。

市販のフッ素は900ppmに対し歯医者のフッ素は9000ppmの高濃度のフッ素を使用しています。

 

年齢とともに唾液量が減少したり免疫力が低下していきます。

そういったことをに気を付けて積極的に予防に取り組んでみてください!

 


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

舌の使い方で咬み合わせが変わる?!

こんにちは!

福岡県那珂川市にある古賀歯科医院

歯科衛生士の松尾です。

 

 

 

11月になり、外の風が冷たくなってきましたね。

日中と朝夜の温暖差もまだあるようなので

体調管理に気をつけていきましょう!

 

 

今回は「舌の使い方」についてお話していきますが、

その前に、、、

このようなかみ合わせの方、またはお子さんをお持ちの方いらっしゃいますか?

 

 

 

 

このような噛み合わせのことを

 

『 開咬(オープンバイト) 

 

といいます。

 

 

実はこの ”開咬“ と ”舌の使い方“ が深く関係しているのです!

 

次につばの飲み込み方を観察していきます。

お子さんであれば、唇を少し広げて飲み込み方を見てみてください。

 

 

舌はどこに当たっていますか?

 

舌を前歯の裏につけてつばを飲み込んでいるならば

要注意です!!!

 

 

正しいつばの飲み込み方は・・・

 

 

左の図のように、

 

上あごに舌をつけ飲み込むことが、正しい舌の使い方、飲み込み方です。

 

 

 

なぜ、前歯の裏に舌を押し当てて飲み込むと、開咬になるのでしょうか?

 

 

 

私たちは1日の中で、約600回飲み込む動作をしています。

 

 

したがって、舌癖のある人は飲み込むたびに舌で歯を押していることになります。

その結果、開咬になってしまうのです。

 

 

実は、舌の力は、歯を動かしてしまう位の強い力なんです。

 

 

 

もし、前歯の裏に舌を押し当てて飲み込んでいる方は

 

上あごにつけて飲み込むように心がけましょう!

 

 

 

他にも、開咬になる原因としては、

 

①指しゃぶり(3歳を過ぎてもしている場合)

②爪咬み

③口呼吸

④口がポカーンと開いていることがある

 

 

このような方にも多くみられます。

 

 

開咬になると、

 

発音がしずらくなる、唇を閉じようとすると唇が緊張する、

口呼吸がある方は、風邪をひきやすくなる、

奥歯に負担がかかるので、むし歯ではないのに歯が痛くなる、

顎に疲労感がでる、顎が痛くなる、

 

などのことがおこります。

 

 

成人の方であれば、矯正が必須になりますが

 

まだ小さなお子さんであれば、トレーニングにより改善できる可能性があります。

 

 

しっかりとした咬み合わせで、お食事をしたいですよね!

 

 

 

古賀歯科医院では、矯正専門医にも来ていただいています。

矯正相談も可能です!

 

 

歯並びや咬み合わせが気になる方はぜひご相談ください☆


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

KDC☆News 唾液は魔法の水!

こんにちは!

福岡県那珂川市にある

古賀歯科医院の歯科衛生士 松尾です☆

 

 

 

11月のKDC Newsは・・・

 

『唾液の働き ~再石灰化~ 』

唾液の働きについてお話していきます★

 

唾液には様々な働きがあります。

その中でも注目したいのが

酸で溶けた歯を修復してくれる”再石灰化”。

 

 

 

歯は食べ物の酸や、むし歯菌の出す酸の作用で溶けていきます。

そのことを脱灰といいます。

脱灰とはつまり、むし歯の始まり「初期むし歯」なんです。

 

 

《初期むし歯》

むし歯の出す酸で歯が溶け(脱灰)、白濁して見える状態。

そのままにするとむし歯になる。

 

ただ、初期むし歯に限ってですが、

定期的なフッ素塗布や、しっかり歯磨きを行うことで

再石灰化により、もとの健康な歯に戻せる可能性が有ります

 

 

そもそも脱灰とは、どういうことが原因で起こるのでしょうか。

 

みなさんの生活習慣の中に、このようなリスクは隠れていませんか?

 

 

《酸性飲食物の摂りすぎに注意!》

 

最近多いのが、健康志向のなかで増えている酸っぱい飲食物。

酸性の飲食物によって歯が溶けることを酸蝕といい、

脱灰と同じような状態になります。

 

柑橘系の果物、ドレッシング、ビタミン飲料、黒酢飲料、お酒など、、

 

 

 

私たちの周りには、酸性の飲食物がたくさんあります。

 

習慣的に摂るのならば、

飲食後に水やお茶を飲んだり、軽く口をゆすぐようにしましょう!

 


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

飴やガムはとても危険!

こんにちは。那珂川市中原にある古賀歯科医院のDA原田です(*^_^*)

 

 

今回は「歯頚部のむし歯の原因」についてのお話をします。

 

歯頸部とは歯と歯茎の境目の部分のことです。

 

飴またはガムは歯頸部のむし歯になりやすいです。

 

飴とガムの最大の問題点は、口の中にしばらく居座ることです。

 

 

上の写真は・・

赤い線がジュースを飲んで30分以内に、特別なガムを噛んだ時。

 

水色の線が飴をなめてから同じガムを噛んだ時。

 

のグラフです。

 

①ではpHがぐんと酸性に下がらないうえに、

ガムを噛む行為により唾液の分泌が促進され、速やかに中性に戻っています。

 

一方②では、ガムを噛んでもpHはなかなか中性に戻ることはありません。

 

飴は、むし歯を大量に作り出す原因であるので極力食べないほうが良いです。

 

 

もし、飴やガムをを食べるならキシリトール含有のものがお勧めです☺

(キシリトール含有と書いてあっても糖が入っていればむし歯になるので要注意です)

 

キシリトールを始めとする糖アルコールは、むし歯の原因になりません。

 

糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。

キシリトールの方が甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。

 

酸を作らないこと、そして、唾液の分泌を刺激して酸を中和することが、

キシリトールがむし歯の原因にならない理由です。

 

キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、

むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、

歯を固くします!

 

さらに、キシリトールには、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を

弱める働きも持っています。

 

 

古賀歯科医院でもキシリトールガムとして

アップルミント味とマスカット味、ミント味を

置いていますので、是非購入してみてください☆


 当院はご予約の方が優先です。 来院される時には事前のご連絡をお願いします。
 
古賀歯科医院  ☎092-952-8078
 

年別